流山の野鳥

フィールドノート 最新


1932 】2020年2月14日(金)濃霧のち晴れ 柏の葉公園

カンムリカイツブリ(個体c)2020年2月14日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体c)2020年2月14日 第2調整池

・今朝は濃霧。 距離のある第2調整池では、何も見えないのでボート池へ行った。 ボート池では、濃霧にかすみながらも所定の位置にカンムリカイツブリが浮かんでいるところが見えた。

・霧が、やや薄れてきたので、再び調整池へ行くと、潜水採餌行動を繰り返すカンムリカイツブリが居た。 

・本日の野鳥……オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、
カワセミ、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ (掲載2020年2月15日 23:00)

 

カイツブリ 2020年2月14日 ボート池 ・朝は濃霧で視界が悪かった。
カイツブリ 2020年2月14日 ボート池 ・朝は濃霧で視界が悪かった。
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月14日 ボート池 ・濃霧と老人性白内障、ピント感は全てカメラ任せ。
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月14日 ボート池 ・濃霧と老人性白内障、ピント感は全てカメラ任せ。

カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月14日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月14日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A)2020年2月14日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A)2020年2月14日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月14日  第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月14日  第2調整池

カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月14日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月14日 第2調整池
ヒドリガモ 2020年2月14日 ・いつも単独1羽 雨覆の白いところが目立つ個体。
ヒドリガモ 2020年2月14日 ・いつも単独1羽 雨覆の白いところが目立つ個体。
オカヨシガモ 2020年2月14日 第2調整池
オカヨシガモ 2020年2月14日 第2調整池

シメ 2020年2月14日 ・水浴び
シメ 2020年2月14日 ・水浴び
メジロ 2020年2月14日
メジロ 2020年2月14日


1931 】2020年2月12日(水)晴れ 柏の葉公園

カンムリカイツブリ(個体A)2020年2月12日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A)2020年2月12日 ボート池

・ボート池に 優しい顔した個体Aが戻って来た。 個体Aは、1月20日から姿を消していた。

・同時に第2調整池のカンムリカイツブリを確認したが、これは、以前の個体Bではなく、2月9日にボート池から移動してきた個体Cと思われる。

・本日の野鳥……ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、カワセミ、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ (掲載2020年2月15日 9:00)

 

カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月12日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月12日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月12日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体A) 2020年2月12日 ボート池

カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月12日 第2調整池

ホオジロ 2020年2月12日 ・ホオジロが囀る季節となった。
ホオジロ 2020年2月12日 ・ホオジロが囀る季節となった。
ハクセキレイ 2020年2月12日
ハクセキレイ 2020年2月12日

モズ 2020年2月12日
モズ 2020年2月12日
シメ  2020年2月12日 ・群れでは見られなくなった。
シメ  2020年2月12日 ・群れでは見られなくなった。

ジョウビタキ 2020年2月12日 ・食べようか、どうしょうか、と、運んできたミミズを前にして迷っている様子。
ジョウビタキ 2020年2月12日 ・食べようか、どうしょうか、と、運んできたミミズを前にして迷っている様子。
ジョウビタキ 2020年2月12日 ・思い切って咥えた。
ジョウビタキ 2020年2月12日 ・思い切って咥えた。
ジョウビタキ 2020年2月12日 ・食べて良かったと、満足な様子。
ジョウビタキ 2020年2月12日 ・食べて良かったと、満足な様子。


1930 】2020年2月9日(日)晴れ 柏の葉公園

カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月9日
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月9日

・1週間ぶりの柏の葉第2調整池。 今日訪れてビックリ。 カンムリカイツブリの白い体が目に飛び込んできた。 この調整池では、20日ぶり。 以前の個体Bが戻ってきたかと思ったが、どうやらボート池の個体Cが移動してきたらしい。

・昨年の12月半ばに飛来したボート池のカンムリカイツブリ個体Aは、目先から口角のラインが淡く、女性的。 一方、今年の初めに飛来した第2調整池の個体Bは、目先のラインが黒く、ハッキリしていて凜々しい。 

・いずれも20日ほど前に抜けたが、1月末には、個体A、Bの両方の特徴を併せ持つ個体Cが新たにボート池に姿を見せていた。

・本日の野鳥……ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、シメ、アオジ (掲載2020年2月11日 15:00)

 

カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月9日 第2調整池 
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月9日 第2調整池 
(参考)カンムリカイツブリ個体A 2020年1月12日 ボート池
(参考)カンムリカイツブリ個体A 2020年1月12日 ボート池
(参考)カンムリカイツブリ個体B 2020年1月7日 第2調整池
(参考)カンムリカイツブリ個体B 2020年1月7日 第2調整池
(参考)カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池
(参考)カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池

カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月9日 第2調整池 
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月9日 第2調整池 
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月9日 第2調整池 ・頭掻き
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月9日 第2調整池 ・頭掻き

コガモ 2020年2月9日
コガモ 2020年2月9日
オオバン 2020年2月9日
オオバン 2020年2月9日


ハクセキレイ 2020年2月9日
ハクセキレイ 2020年2月9日
アオジ 2020年2月9日
アオジ 2020年2月9日

ツグミ 2020年2月9日
ツグミ 2020年2月9日
シメ 2020年2月9日
シメ 2020年2月9日


1929 】2020年2月8日(土) 晴れ 新川耕地

ノスリ 2020年2月8日
ノスリ 2020年2月8日

・ほぼ一ケ月ぶりの耕地。 午前中は所用があったため、午後からの探鳥となった。

・ケリとタゲリが同じ田んぼで共存。 飛び立つときも『ミャー』と『ケリッ』が混じっていた。

・時間が遅かったせいか、猛禽はノスリのみ。 低く飛んでくれたので撮れた。

・本日の野鳥……ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、タゲリ、ケリ、ノスリ、カワセミ、モズ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、アオジ、 (掲載2020年2月10日 8:00)

 

タゲリ 2020年2月8日
タゲリ 2020年2月8日
タゲリ 2020年2月8日
タゲリ 2020年2月8日
タゲリ 2020年2月8日
タゲリ 2020年2月8日

ケリ 2020年2月8日
ケリ 2020年2月8日
ケリ 2020年2月8日
ケリ 2020年2月8日
ケリ 2020年2月8日
ケリ 2020年2月8日

ケリ(右)と、タゲリ(左)
ケリ(右)と、タゲリ(左)
ケリ(左端)と、タゲリ
ケリ(左端)と、タゲリ

ノスリ 2020年2月8日
ノスリ 2020年2月8日
アオサギ 2020年2月8日
アオサギ 2020年2月8日
スズメ 2020年2月8日
スズメ 2020年2月8日


1928 】2020年2月2日(日) 晴れ 柏の葉公園とその周辺

カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月2日
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月2日

・さすが日曜日の公園は、走り回る人だらけ。 シメも散会し、小群れでは見られなかった。 一方、再び見られるようになったカンムリカイツブリは、『休息⇒ストレッチ⇒羽繕い⇒潜水⇒漁⇒浮上⇒食事⇒頸をたたんで休息』 を繰り返し、見ていて飽きなかった。

・第2調整池はカラッポだったが、第1調整池では、20羽を超えるヨシガモが水面に浮かんでいた。

・本日の野鳥……ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、カワセミ、コゲラ、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ (掲載2020年2月3日 11:00)

 

カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日

カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日  ・ストレッチ
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日  ・ストレッチ
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日 ・潜水開始
カンムリカイツブリ(個体C)2020年2月2日 ・潜水開始

カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月2日  ・食事
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年2月2日  ・食事
ヨシガモ 2020年2月2日  ・写っていないものを含め、20羽超のヨシガモが浮かんでいた。
ヨシガモ 2020年2月2日  ・写っていないものを含め、20羽超のヨシガモが浮かんでいた。
ヨシガモ 2020年2月2日
ヨシガモ 2020年2月2日
ヨシガモ 2020年2月2日
ヨシガモ 2020年2月2日


バン 2020年2月2日
バン 2020年2月2日
ホオジロ 2020年2月2日
ホオジロ 2020年2月2日

シロハラ 2020年2月2日
シロハラ 2020年2月2日
ヤマガラ 2020年2月2日
ヤマガラ 2020年2月2日


1927 】2020年1月31日(金) 晴れ・強風 柏の葉公園

カンムリカイツブリ(個体C) 2020年1月31日
カンムリカイツブリ(個体C) 2020年1月31日

・公園で、そこそこ見られたのはシメぐらい。 『キョッ、キョッ』と、アカゲラの声も聞こえていたが、撮るに至らず。

・嬉しかったことは、ボート池で、カンムリカイツブリの潜水採餌が見られたこと。

10日前に抜けた個体が戻ってきたと思った。

・本日の野鳥……ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ (掲載2020年2月2日 8:00)

 

カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池

・昨年の12月半ばに飛来したボート池のカンムリカイツブリ個体Aは、目先から口角のラインが淡く、女性的。 一方、今年の初めに飛来した第2調整池の個体Bは、目先のラインが黒く、ハッキリしていて凜々しい。

・いずれも10日ほど前に抜けたが、今日、ボート池で見た個体は、個体AとBの両方の特徴を持っており、別個体Cと思われる。

(参考)カンムリカイツブリ個体A 2020年1月12日 ボート池
(参考)カンムリカイツブリ個体A 2020年1月12日 ボート池
(参考)カンムリカイツブリ個体B 2020年1月7日 第2調整池
(参考)カンムリカイツブリ個体B 2020年1月7日 第2調整池

カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池
カンムリカイツブリ(個体C)2020年1月31日 ボート池

シメ 2020年1月31日
シメ 2020年1月31日
シメ 2020年1月31日
シメ 2020年1月31日

※ これより以前の記事は、フィールドノートに記載しています。